カテゴリー:行政ニュース

  • 公共工事設計労務単価 塗装は2.6%上昇

    国土交通省と農林水産省は今年3月から適用する公共工事設計労務単価を決めた。平成25年度から8年連続で引き上げられ、全国全職種の単純平均では前年度に比べ2・5%上昇した。
  • 国交省 新型コロナウイルス対策徹底を通知

    国土交通省は、このほど熊本・千葉両県内で現場作業員が新型コロナウイルスに感染していたことが判明したため、2月24日、各建設団体長宛に「新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の感染拡大防止の更なる徹底」について通知した。
  • 赤羽国土交通大臣

    年頭所感-1 国土交通大臣 赤羽 一嘉

    今年は、いよいよ東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催を迎えます。東京をはじめ、我が国各地域の魅力を発信する絶好の機会です。
  • 加藤勝信厚生労働大臣

    年頭所感-2 厚生労働大臣 加藤 勝信

    厚生労働大臣就任から約四ヶ月が経過しました。この間、国民の皆様の安全・安心の確保に万全を期すべく努力してまいりました。引き続き、私自身が先頭に立ち、厚生労働省一体となって様々な課題に全力で取り組んでまいります。
  • 建築塗装技能検定1級合格率は53%

    建築塗装技能検定 1級学科合格率は53%  令和元年度の建築塗装技能検定結果は、1級では、学科は1977人が受検し1099人が合格(合格率53・2%)、実技は2323人が受検し1256人が合格した(同53・1%)…
  • ジュニアマスター表彰

    建設マスター 塗装業界から20人が受賞

    国土交通省はこのほど令和元年度「優秀施工者国土交通大臣顕彰」(建設マスター)456人、および「青年優秀施工者土地・建設産業局長顕彰」(建設ジュニアマスター)105人を発表した。
  • 秋の褒章 黄綬に石原、山縣、難波氏

    政府は11月3日付けで秋の褒章受章者を発表した。塗装業界関係からは黄綬褒章に石原寛(山口県)、山縣伸由(山梨県)、難波忠良(兵庫県)、の3氏が晴れの受章者に選ばれた。国土交通省関係の伝達式は12月17日、同省共用大会議室で行われる。
  • 秋の叙勲 旭双に永田氏

    政府は11月3日付けで秋の叙勲受章者を発表した。塗装業界関係からは旭日双光章に永田好一氏(神奈川県)、瑞宝単光章に髙橋久光(北海道)、山平義廣(山口県)、有村衛(鹿児島県)、三重野浩の4氏が選ばれた。
  • 建設経済研究所 2020年度の建設投資見通し

    建設経済研究所 前年度比0・8%増の62兆7100億円  建設経済研究所が先月まとめた「建設経済モデルによる建設投資の見通し」によると、2020年度の建設投資は、前年度比0・8%増の62兆7100億…
  • 国交省ロゴ

    国交省の予算概算要求(1)一般会計7兆101億円

    国交省の予算概算要求(1)一般会計7兆101億円 国土交通省 防災・減災、国土強靱化を加速  国土交通省がこのほど公表した令和2年度予算概算要求は、一般会計7兆101億円(前年度比1・18倍)で、うち…

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る