日ぺHDと東大 新たな抗ウイルス性を発見「プロトン型ゼオライト」で

日ぺHDと東大 新たな抗ウイルス性を発見「プロトン型ゼオライト」で

日本ペイントホールディングス

ウイルス破壊のメカニズム

 日本ペイントホールディングスと東京大学は3月15日、プロトン型ゼオライトの新たな抗ウイルス性を発見したと発表した。同社と東大の産学協創協定にもとづく共同研究の一環によるもので、将来的には安価かつ変色しない抗ウイルス材料として期待される。

 共同研究ではプロトン型ゼオライトに対して、インフルエンザウイルスを用いた抗ウイルス活性試験によって抗ウイルス性を評価した。その結果、ウイルス感染価(活性なウイルス数)が検出限界以下まで減少。さらに金属カチオン担持なしのゼオライトと接触したウイルスは球状の形を保っていたのに対して、プロトン型ゼオライトと接触した後のウイルスは破壊された様子が観察された。

日本塗装時報第2078号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」2078号(2022年4月18日発刊)の掲載記事から一部抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」に掲載しています。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日塗装 塗装技能競技大会
  2. 日塗商近畿 「これ知っとく展2023」
  3. NPIC 栃木県で自動運転実証実験「ターゲットラインペイント」提供
  4. 技能グランプリOSAKA

日本塗装時報 最新号掲載記事

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る