【だめひろい】問題多いベトナムの送出機関 特定技能への移行が急がれる理由

【だめひろい】問題多いベトナムの送出機関 特定技能への移行が急がれる理由

▼昨年、新しい在留資格「特定技能」が創設されて1年半が経ったが、この制度で働く外国人の数はまだまだ少ない。法務省のまとめ(6月末現在)では、特定技能1号の在留外国人は総数で5950人、建設分野に限ると374人にとどまっている。特定技能資格は業種ごとの技能試験と日本語試験に合格すれば取得できるが、全体の85%が技能実習からの移行である。

日本塗装時報第2042号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」の記事から抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」(新聞)を定期購読してお読みください。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

日本塗装時報 最新号掲載記事


採用された方にQUOカード(1万円 or 5千円)をプレゼント!
(応募期間:2021年3月31日まで)
☆応募サイト☆
https://nurikae-paint.jp/
【主催団体】
(一社)日本塗料工業会/(一社)日本塗装工業会/日本塗料商業組合
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る