水谷ペイント「ナノコンポジットW」を改良

水谷ペイント「ナノコンポジットW」を改良

水谷ペイント

ナノコンポジット
旧型(左)に比べて新型(右)は割れがほとんどない

シーリング材上で割れにくく

 水谷ペイントは、無機系ナノテク塗料「ナノコンポジットW」をシーリング材上で割れにくく改良、関東地区から順次切り替える。同製品は無機分が高いため、シーリング材の上で、早期に割れを生じるケースがあった。

 無機系塗料は、無機の特長である硬さのため、無機率、耐汚染性を犠牲にせず柔軟性をもたせることは困難だったが、有機成分の可とう性を大幅に向上させ、より密に造膜させることで、無機率、耐汚染性はそのままに、割れにくい塗料として改良することに成功した。

日本塗装時報第2024号掲載記事2019年6月18日発行)

この記事は「日本塗装時報」の記事から抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」(新聞)を定期購読してお読みください。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

日本塗装時報 最新号掲載記事


採用された方にQUOカード(1万円 or 5千円)をプレゼント!
(応募期間:2021年3月31日まで)
☆応募サイト☆
https://nurikae-paint.jp/
【主催団体】
(一社)日本塗料工業会/(一社)日本塗装工業会/日本塗料商業組合
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る