トンネル壁のはく落を防止 大林組らスプレー工法開発

トンネル壁のはく落を防止 大林組らスプレー工法開発

大林組

スプレーで簡単に施工が可能

 大林組、コニシ、ケミカル工事の3社は、トンネルの補修工事における交通規制期間の短縮を目的とし、覆工コンクリートの急速補修技術となるネットレスのはく落対策工法「ワンバインドスプレー」を共同で開発、東日本高速道路発注のトンネル工事で試行した。

 同工法は薄層塗布でも強じんな塗膜が形成でき、塗布も吹付けで可能なため、作業時間の大幅な短縮を実現した。今回3社が開発した工法では、下地処理、プライマー塗布、はく落防止材吹付けの3工程だけですみ、作業時間を従来工法の35%に短縮できるという。

日本塗装時報第2058号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」2058号(2021年11月18日発刊)の掲載記事から一部抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」に掲載しています。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

ピックアップ記事

  1. 関西ペイント トンネルアートに協賛
  2. 技能グランプリOSAKA
  3. 日塗装 デザイン画コンテスト
  4. 女性ネットワークの会講演会

日本塗装時報 最新号掲載記事

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る