大日塗のパウダーフロンSELA 国土強靭化事例集に掲載

大日塗 高機能塗料で信号機倒壊を防止 国土強靭化事例集に掲載

大日本塗料

腐食しにくい高機能塗料を信号機に使用

 大日本塗料が開発した2層分離形ふっ素樹脂粉体塗料「パウダーフロンSELA」が、内閣官房が発行する「国土強靭化・民間の取組事例集~強くしなやかな日本をつくるためのリーディング・ケース(VOL6)~」(令和2年4月)に掲載された。腐食しにくい高機能塗料を信号機に使用することで耐久性を向上させ、災害時の倒壊を防止する取り組みが紹介されている。

[ignore]

 事例集は、内閣官房が国土強靱化に関する先導的な取り組みを集めたもので、新たな取り組みを行う際の参考となる工夫点、平時の活用方法、防災以外の効果などの情報を提供している。2015年からこれまでの間に521事例が公表されてる。

 同社の取り組みについては、「高性能塗料の開発で災害時の信号機倒壊防止に貢献」する事例として紹介。従来、信号機に使用されている塗料は、紫外線等の影響により劣化した塗膜から水や塩分が浸透し、金属部分が腐食しやすいという問題があり、耐用年数は10年程度とされている。また、金属部分が腐食した信号機は、台風や地震の際に倒壊しやすく、交通障害や事故を招く危険性が指摘されている。

 そこで同社では、耐久性に優れたふっ素樹脂系粉体塗料を開発。沖縄県や千葉県内で4年に亘るばく露試験を行い、従来の塗装よりも良好な性能を確認した。紫外線等の影響を抑えることで、耐久性を20年程度に延ばせるとして期待している。

[/ignore]

【パウダーフロンSELAの概要】

 1コートフィニッシュタイプの2層分離形ふっ素樹脂粉体塗料。ふっ素樹脂とポリエステルの2つの樹脂が互いに相溶しにくいという特性を利用することで、加工性・密着性に優れた混層塗膜を形成。優れた耐候性発揮する。

 用途は、▽長期耐候が要求される金属外装建材(カーテンウォールなどのビル建材)▽サッシ、フェンス、門扉などの住宅建材▽ガードレール、道路標識、道路設備▽農業機械、建設機械、その他各種金属製品。

日本塗装時報第2038号掲載記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 水谷ペイント ACスプレー
  2. 第25回グッド・ペインティング・カラー 新築部門最優秀賞を受賞した豊洲ベイサイドクロス

日本塗装時報 最新号掲載記事

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る