女性ネットワークの会 桃山高で塗装体験教室

女性ネットワークの会 桃山高で塗装体験教室「建築の魅力を若者に」

日本建築仕上学会・女性ネットワークの会

教室の壁面をローラー塗り

 日本建築仕上学会・女性ネットワークの会(熊野康子主査)は昨年12月13・14日の2日間、大阪市阿倍野区の桃山学院高等学校で、建築業の魅力を伝えることを目的とした塗装教室を実施した。後援は(一財)建設業振興基金の建設産業女性定着ネットワーク。同校での塗装体験教室は今年で3回目。塗装したのは普段使用している教室の壁面。職人のアドバイスに耳を傾けながら黙々と作業し、塗るごとにめきめきと腕を上げていった。

 塗装体験後は教室を移動し、トークイベントを実施した。熊野主査が▽日本建築仕上学会、女性ネットワークの活動内容▽さまざまな建築の仕事▽建築業のSDGs▽最新の建築技術▽女性の就業環境―について説明。同会運営委員や関係者が高校生の頃の職業観、建築の仕事に就いたきっかけ、仕事のやりがいについて語った。

作業の後、熊野主査が講演

「建設業で働きたい」は36%参加者のアンケート結果

 イベント終了後、女性ネットワークの会と建設業振興基金は参加生徒にアンケート調査を行い、その結果をまとめた。

 建設分野で女性の活躍、定着の取り組みが進んでいることについては「詳しくは知らなかった」(63・6%)、「知らなかった」(27・3%)が大半だったが、イベントに参加した結果「建設産業のイメージと多くの女性が働いていること」に、自身の考えが「良い意味で大きく変わった」(72・7%)、「良い意味で少し変わった」(27・3%)と回答した。

 「将来建設業で働いてみたいか」には、「働いてみたい」(36・4%)、「分からない」(59・1%)で、イベント参加者の約3分の1が建設業への入職に前向き。その理由は「やりがいが感じられる」「今日の体験が楽しかったから」「建設の過程を内部から知りたい」「自分の結果が分かって、誇れるのは素敵」「ものをつくることが好き」などを挙げた。

日本塗装時報第2061号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」2061号(2022年1月18日発刊)の掲載記事から一部抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」に掲載しています。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

ピックアップ記事

  1. 関西ペイント トンネルアートに協賛
  2. 技能グランプリOSAKA
  3. 日塗装 デザイン画コンテスト
  4. 女性ネットワークの会講演会

日本塗装時報 最新号掲載記事

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る