橋梁塗装・石綿除去工事で剥離剤による中毒が多発

橋梁塗装・石綿除去工事で剥離剤による中毒が多発 厚労省が注意喚起

厚生労働省

 厚生労働省は8月17日、剥離剤を使用した塗料の剥離作業における労働災害防止について、関係団体に通知した。

 橋梁などの塗料を剥がす作業や石綿を含有する建築用仕上塗材を除去する作業では、様々な剥離剤が使用されているが、剥離剤が原因の火災や、有害物(ジクロロメタン、ベンジルアルコールなど)を吸い込んだことによる意識不明、視覚障害を起こす事例が多発している。

 特にベンジルアルコールは、特化則などの規制対象外だが、国連のGHS分類では有害性が指摘されており、取り扱いには十分な注意を求めている。

日本塗装時報第2042号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」の記事から抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」(新聞)を定期購読してお読みください。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

日本塗装時報 最新号掲載記事


採用された方にQUOカード(1万円 or 5千円)をプレゼント!
(応募期間:2021年3月31日まで)
☆応募サイト☆
https://nurikae-paint.jp/
【主催団体】
(一社)日本塗料工業会/(一社)日本塗装工業会/日本塗料商業組合
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る