日塗装総会・全国大会5月21日水戸市で開催

日塗装総会・全国大会「常陸の国、いばらきへ」5月21日茨城県水戸市で開催

日塗装

第47回全国大会は、新型コロナウィルス感染予防対策のため中止となりました。(総会は実施予定、3月23日付で中止を発表)

 「常陸の国、いばらきへ」をキャッチフレーズに、日本塗装工業会(北原正会長)の第61回総会・第47回全国大会は、茨城県支部(鈴木博巳支部長)の協力の下、5月21日、茨城県水戸市のザ・ヒロサワ・シティ会館および水戸プラザホテルで開催される。

 翌22日の観光Aコースは、水戸藩第九代藩主徳川斉昭公ゆかりの名所 「常陸の国、いばらきへ」をキャッチフレーズ旧跡を巡り、創業190年のうなぎ料理の老舗・中川楼で昼食が楽しめる。Bコースは、つくば市で科学技術の最先端の研究を見学。Cコースは、水戸光圀公ゆかりの県北地域を巡り、常陸秋そばの手打ちが体験できる。ゴルフコースは、太平洋を一望する大洗ゴルフ倶楽部で開催する。

[ignore]

【第61回定時総会】会場・茨城県水戸市千波町東久保697番地「ザ・ヒロサワ・シティ会館(旧茨城県立文化センター)」▽21日13時受付開始、14時~16時45分総会。
【第47回全国大会懇親会】会場・茨城県水戸市千波町2078―1「水戸プラザホテル」▽21日18時30分~20時30分
【奥様コース】茨城県近代美術館見学と茨城銘菓吉原殿中づくり体験▽ザ・ヒロサワ・シティ会館21日14時発、水戸プラザホテル16時30分着。


【Aコース】水戸の歴史・芸術見学ツアー▽水戸駅南口22日8時50分発、徳川ミュージアム・偕楽園・好文亭・中川楼・水戸城址見学後、水戸駅南口14時40分着。
【Bコース】科学のまちつくばサイエンスツアー▽水戸駅南口8時30分発、筑波宇宙センター・筑波ハム自然味工房・サイエンススクエアつくば・地図と測量の科学館見学後、水戸駅南口16時30分着。 堀越 良雄氏(ほりこし・よしお=元㈱堀越代表取締役社長、元日本塗装工業会ブロック理事・元全国マスチック事業協同組合副会長)2月20日死去、84歳。葬儀・告別式は28日、宮城県多賀城市のセレモニア多賀城橘会館で営まれた。喪主は堀越良克㈱堀越代表取締役社長。 日本塗装工業会では昭和59年より評議員、支部長、理事を歴任。東北マスチック事業協同組合では昭和61年より理事、理事長、平成16年より全国マスチック事業協同組合連合会副会長を歴任した。平成18年、厚生労働大臣表彰を受けている。大学卒の31%が離職している。若者の離職は本人だけの問題ではなく、組織に何らかの問題がある場合が多い。 人財確保で重要なのは、自社の魅力、課題をみんなで見える化、魅せる化することである。自社の強みは何か、改めて考え、全員で話し合い、共有することが大切である。
【Cコース】光圀公ゆかりの西山御殿と常陸秋そば打ち体験ツアー▽水戸駅南口9時30分発、木内酒造・そば道場久慈川翁・竜神大吊橋・徳川ミュージアム分館西山御殿見学後、水戸駅16時30分着。


【ゴルフコース】水戸プラザホテル6時30分発、水戸駅南口6時50分~7時発、大洗ゴルフ倶楽部でゴルフプレー後、水戸駅南口17時40分着。
【申込締切】日塗装各支部3月27日必着。

[/ignore]

日本塗装時報第2035号掲載記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 建築塗装技能検定
  2. カラーセミナー「基礎編」
  3. エスケー化研「プレミアム無機マイルド」
  4. 大阪昭和会 中学校で塗装奉仕

日本塗装時報 最新号掲載記事

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る