グッド・ペインティング・カラー表彰式 周辺環境との調和に工夫 

グッド・ペインティング・カラー表彰式 周辺環境との調和に工夫

日本塗料工業会/日本塗料商業組合/日本塗装工業会

受賞作品を説明する渡邊氏

 製・販・装3団体の共催による環境色彩コンペティション、第25回グッド・ペインティング・カラーの表彰式が1月6日午後、東京塗料会館で行われた。赤木重文審査委員長は講評の中で、新築部門は物件の用途が多様化しており、改修部門は逆に集合住宅が大半を占めたことを報告。近年の傾向としては、表現の多様性に直面して「正解のない時代」へと突入しており、周辺環境とのバランスを配慮し、環境設計の良質な表現を追求する方向にあることを指摘した。

・「視点の奥深さに感服」赤木審査委員長の講評
・「塗装の可能性を実感」渡邊氏の受賞あいさつ

日本塗装時報第2075号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」2075号(2022年1月18日発刊)の掲載記事から一部抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」に掲載しています。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

ピックアップ記事

  1. 鋼橋塗装技能検定
  2. 建専連全国大会「職人たちの未来予想図」

日本塗装時報 最新号掲載記事

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る