水谷ペイント オンラインで新製品発表 水性床用と区画線用塗料を発売

水谷ペイント オンラインで新製品発表 水性床用「フロアピアニ」、区画線用塗料「ワンコートライン」を発売

水谷ペイント

水谷成彦社長

 水谷ペイント(大阪市淀川区、水谷成彦社長)は7月20日、「2022年度新製品発表会」をオンライン上で開催。床用水系2液型アクリルウレタン塗料「フロアピアニ」(9月1日発売)および床用区画線用塗料「ボウジンテックス ワンコートライン」(8月1日発売)を紹介した。


電動撹拌機が不要 床用「フロアピアニ」

 床用水系2液型アクリルウレタン塗料「フロアピアニ」は、 3年前に発売した「ルーフピアニ」の床用バージョンとして開発。主剤にはウレタン成分を持つ樹脂を、硬化剤には同社オリジナルの2液硬化システム「SYSTEM M」を採用している。

 同製品では、主剤の缶に直接硬化剤を入れて振るだけで撹拌が完了。主剤・硬化剤を混ぜてからの可使時間が長いため、焦らずに施工ができる一方で、上塗り1回目から2回目までのインターバルが2時間と短く、塗装完了から3時間で軽歩行が可能となる。

 特長は▽長い可使時間(23℃・24時間)▽優れた速乾性▽電動撹拌機が不要▽多様な既存塗膜に対応▽優れた耐汚染性・耐水性・耐温水性・耐薬品性▽水系塗料で各種有害物質を含まない安心・安全設計▽耐久性が高くフォークリフトなどの重量物の通行が可能―など。

 カラー(標準色)は、ベージュ、ライトグレー、ライン用白、ライン用黄色など16色。調色対応も可能。荷姿は15・3㎏セット(主剤15㎏・硬化剤0・3㎏)、3・06㎏セット(主剤3㎏・硬化剤0・06㎏)の2種類。


強化コン面に直接塗れる「ワンコートライン」

 溶剤形2液型エポキシ樹脂塗料「ワンコートライン」は、室内のライン塗装を1回で仕上げることができる強化コンクリート専用区画線用塗料。隠ぺい性が高く、下地の色に左右されることなく1回塗りで仕上げることが可能。汚れや重量物による摩耗にも強く、剥がれにくいため長持ちする。

 特長は、▽強化コンクリート面に直接塗装が可能▽1回塗りで仕上がる優れた隠ぺい性(99・39%)▽優れた耐摩耗性・耐すり傷性・耐汚染性▽水・温水、アルカリ・酸などへの諸物性▽フォークリフトなどの重量物の通行が可能―など。カラーは、ホワイト(N・93程度)・イエローの2種類。荷姿は3㎏セット(主剤2・4㎏・硬化剤0・6㎏)。

日本塗装時報第2069号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」2069号(2022年8月18日発刊)の掲載記事から一部抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」に掲載しています。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本ペイント・オートモーティブコーティングス 太陽電池向け加飾フィルム
  2. 製販装3団体 塗料塗装・最新動向セミナ
  3. ものづくり匠の技の祭典2022

日本塗装時報 最新号掲載記事

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る