関西ペイント「ルビゴール」腐食防食学会技術賞を受賞

関西ペイント「ルビゴール」腐食防食学会技術賞を受賞

関西ペイント

受賞者代表の太田氏

 関西ペイントの防食用塗料「ルビゴール」は、このほど(公社)腐食防食学会より「2022年度技術賞」を受賞した。受賞技術名は「錆残存面適性を有する水性下塗り塗料の開発とその実用化」。

 同製品は鉄骨、配管、タンクなどのプラント構造物向け下塗塗料。さび(腐食)は電気化学反応で、有効な防錆顔料をさび層に浸透させ、腐食電流(3つの電流パターン)を抑制することで サビの進行を防ぐのが特長。

 受賞者は日本事業部門汎用塗料事業本部建設第2技術部・太田伶美、同本部建設第1技術部・土岡育朗、グローバル自動車部門防錆材料技術部・安田陽、研究開発部門技術開発本部特級研究員・松田英樹の4氏。受賞者を代表して、腐食防食学会春の年会「材料と環境2022」で、太田氏が記念講演を行った。

日本塗装時報第2069号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」2069号(2022年8月18日発刊)の掲載記事から一部抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」に掲載しています。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本ペイント・オートモーティブコーティングス 太陽電池向け加飾フィルム
  2. 製販装3団体 塗料塗装・最新動向セミナ
  3. ものづくり匠の技の祭典2022

日本塗装時報 最新号掲載記事

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る