公共工事設計労務単価 塗装は2.6%上昇

公共工事設計労務単価 全職種平均2.5% 塗装は2.6%上昇

国土交通省/農林水産省

 国土交通省と農林水産省は今年3月から適用する公共工事設計労務単価を決めた。平成25年度から8年連続で引き上げられ、全国全職種の単純平均では前年度に比べ2・5%上昇した。加重平均値は2万214円で、公表を開始した平成9年度以降の最高値を更新した。ただ、全国平均の伸び率は過去8年間では最小。塗装工の全国平均は2万4177円(前年度比2・6%増)、橋梁塗装工の平均は3万626円(同2・5%増)となった。

 塗装工の単価を都道府県別にみると、東京(2万8300円)、神奈川(同)、宮城(2万6900円)、千葉(同)、埼玉(2万6700円)、山梨(同)、静岡(同)などが高く、逆に山口(1万9500円)、島根(1万9800円)、広島(2万200円)、愛媛(2万1100円)などが低い。 伸び率では北海道(前年度比4・8%増)、宮城(同4・7%増)、沖縄(同4・6%増)、岩手(同4・5%増)、愛媛(同4・5%増)などが高い。

日本塗装時報第2035号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」の記事から抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」(新聞)を定期購読してお読みください。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事


採用された方にQUOカード(1万円 or 5千円)をプレゼント!
(応募期間:2021年3月31日まで)
☆応募サイト☆
https://nurikae-paint.jp/
【主催団体】
(一社)日本塗料工業会/(一社)日本塗装工業会/日本塗料商業組合
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る