日建連が「特定技能外国人安全安心受入宣言」

一般社団法人日本建設業連合会

特定技能外国人の適正な就労へ

 今年4月から改正入管法が施行され、新たな在留資格である特定技能外国人労働が建設分野など14分野で認められた。これを受けて日本建設業連合会は4月18日、特定技能外国人の安全を確保するとともに、賃金などの処遇を含めて安心して働ける環境確保に努めるため「特定技能外国人安全安心受入宣言」を行った。今後、協力会社などを通じて周知徹底を図り、毎年実施状況についてフォローアップしていく。

 今回の「宣言」は▽現場入場に際して、建設キャリアアップシステムの登録状況の確認等を行い、不法就労外国人の入場・就労を認めない▽受入企業に対する必要な日本語能力の確認及び必要に応じた母国語等の活用の要請、並びに共通デザインの安全看板の活用等 により、現場の安全確保を徹底する▽現場に入場する特定技能外国人につき、適切な報酬、社会保険への加入等の徹底を受入企業に要請し、同等の技能を有する日本人と同等の待遇で安心して働ける労働環境の確保に努める―の3項目が柱。

 このほか、会員企業は「特定技能外国人の適切かつ円滑な受入れの実現に向けた建設業界共通行動規範」等を遵守し、違反状態を発見した場合は、関係機関への通報等必要な措置を講じることとしている。

日本塗装時報第2023号掲載記事2019年5月18日発行)

関連記事

日本塗装時報 最新号掲載記事


採用された方にQUOカード(1万円 or 5千円)をプレゼント!
(応募期間:2021年3月31日まで)
☆応募サイト☆
https://nurikae-paint.jp/
【主催団体】
(一社)日本塗料工業会/(一社)日本塗装工業会/日本塗料商業組合
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る