マスチック連合会 都内で記者懇談会を開催

マスチック連合会が記者懇談会 保証事業実績は前年度並み

全国マスチック事業協同組合連合会

鈴木浩之会長
鈴木浩之会長

PR動画を4月から公開

 全国マスチック事業協同組合連合会(鈴木浩之会長)は2月7日、東京都内で記者懇談会を開き、各保証事業の実績のほか、改良タイプの「マスチックNANO」の特長、4月以降に公開を予定している「長期性能保証PR動画」などについて説明した。保証事業のうち長期性能保証事業は、期首から5カ月間の実績で、保証件数84件・保証金額8億8千万円、工事完成保証は同22件・12億7千万円となり、ほぼ前年度と同じペースで伸びている。

[ignore]

 主要事業の長期性能保証事業は、平成2年からの30年間で6500件を達成。今年度は期首から約5カ月の経過地点で、保証件数84件(前年同期79件)、保証金額8億8千万円(同7億8千万円)となった。これは年間予算額35億円の約25%に相当する。今後、リピーター会員の春先工事が見込まれていることから、利用の増加が期待される。

 単組別では、関東が1億7千万円(同1億円)、近畿が5億円(同3億8千万円)、中国・四国が4億8千万円(同1億7千万円)と前年同期の実績を上回った。 単組別の傾向としては、東北・中部・九州では戸建て、北海道・近畿は、マンションなどの集合住宅への適用が多かった。関東は戸建て・マンションへの適用数が均衡している。

 保証事業開始以降の事故対応は7件で、事故率は0・11%。保証設計段階の想定(0・5~0・6%)よりも格段に低い数値となっている。

 工事完成保証は、保証件数22件(同24件)・保証金額12億7千万円(同12億8千万円)で、前年度とほぼ同程度。年間予算額33億8千万円の約37・6%に相当する。単組別では、近畿が8億5千万円(同10億4千万円)で、件数・金額ともに最も多かった。ほかに中部が3億1千万円(同1億1千万円)と前年の倍以上の実績となった。同事業では事業開始以来、無事故を継続している。

 また、長期性能保証の事業内容を効果的に伝えるPR動画(YouTube)の製作を開始。再生時間は1分半程度で、親しみやすいイラストを用いて、施工後のトラブル例、長期性能保証の内容などを紹介する。公開は4月以降を予定している。

[/ignore]

日本塗装時報第2034号掲載記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本ペイント・オートモーティブコーティングス 太陽電池向け加飾フィルム
  2. 製販装3団体 塗料塗装・最新動向セミナ
  3. ものづくり匠の技の祭典2022

日本塗装時報 最新号掲載記事

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る