日本ペイント 建築・重防食向け 4新製品を発売

日本ペイント 建築・重防食向け 4新製品を発売

日本ペイント

 日本ペイントは、建築・重防食塗料分野で次の4新製品を発売した。

▼「1液ルーフ低温用硬化促進剤」

 寒冷地区におけるトタン屋根塗装のブラッシングリスクを低減する屋根用低温用硬化促進剤。

 特長は▽添加後の強力な硬化促進性により、低温時(5~15℃)のブラッシングリスクに効果がある▽施工途中に添加しても光沢、色相、耐候性などの塗膜性能は変わらず、塗り継ぎが可能。容量は0・7㎏(缶)。平米当たりの材工設計価格は200円。

【製品紹介ページ】※日本ペイントの公式サイトへ
https://www.nipponpaint.co.jp/products/building/287/

▼「ニッペ1材フィラー#200」

 粉体の1材形の建築用下地調整塗材。

 特長は▽1材形の粉体に粉末樹脂を配合しており、水と混合するだけで使用できる▽水量の調整により、こて、ローラー、吹き付け、左官はけのいずれでも施工でき、フィラー施工後、24時間(23℃)以上経過で仕上げ材施工が可能。

 容量は主材(セメント、骨材、粉末樹脂)20㎏。色相はセメント色(淡褐色)。平米当たりの材工設計価格は1510円(コテ・1㎜厚、施工面積300㎡以上の場合)。

【製品紹介ページ】※日本ペイントの公式サイトへ
https://www.nipponpaint.co.jp/products/building/286/

▼「ハイポン90モイスタックSⅡ」

 海上構造物や桟橋、埋設部など腐食物質の影響を常に受ける厳しい環境下における防食塗装を目的とした超厚膜形エポキシ樹脂塗料。

 特長は▽厚膜塗装によって外部からの腐食物質の侵入を防ぐ▽エアレススプレー1回塗りで1000μm以上(最大1300μm)塗装が可能▽海洋構造物・桟橋・橋脚・シーバースなど水中部環境でも長期防食性が期待できる。

 容量は21㎏セット(塗料液14㎏、硬化剤7㎏)。色相はライトグレー(29―70B近似)、グレー(N―60近似)。

【製品紹介ページ】※日本ペイントの公式サイトへ
https://www.nipponpaint.co.jp/products/large/69/

▼「ニッペクリンカラー防滑骨材」

 防滑性能ときれいな仕上がり外観を両立した骨材。

 特長は▽軽量素材を使用しているため、塗料に混合しても沈殿しにくく、そのままローラー・はけ塗装が可能▽硅砂6~7号相当の防滑性能とむらの少ないきれいな仕上がり外観を両立▽使い切りの荷姿で手軽。

 容量は0・25㎏(ラミジップ袋)。平米当たりの材工設計価格は50円(施工面積300㎡以上の場合)。

【製品紹介ページ】※日本ペイントの公式サイトへ
https://www.nipponpaint.co.jp/products/building/284/

日本塗装時報第2063号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」2063号(2022年3月18日発刊)の掲載記事から一部抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」に掲載しています。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

ピックアップ記事

  1. 東京都塗装工業協同組合(鈴木芳昭理事長)が運営する東京都塗装高等技術専門校(伊原創一校長)の令和4年度入校式
  2. 大塗装 2025年万博大阪パビリオン基金に寄付
  3. タレントのスザンヌさん DIY塗装体験を動画に 日塗装公式チャンネルで配信

アーカイブ

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る