アイカ工業 帯電防止が必要な床に ハードドーデンAH工法

アイカ工業 帯電防止が必要な床に ハードドーデンAH工法

アイカ工業

塗り床材「アイカピュール ピュールハードドーデンAH工法」施工イメージ

 アイカ工業は、変色・収縮抑制、帯電防止の3性能を兼ね備えた水性硬質ウレタン樹脂系塗り床材「アイカピュールピュールハードドーデンAH工法」を発売した。帯電防止性能が求められる電子部品工場や自動車工場などハードユースな工場の床に適している。

 同工法は、エポキシ樹脂系塗り床材や硬質ウレタン樹脂系塗り床材と比較して、耐摩耗性や耐衝撃性、AGV(無人搬送車)などの重走行に対する耐久性に優れた工法。静電気を床から逃す帯電防止性能を有しているほか、優れた耐候性により紫外線による変色を抑制する。さらに硬化収縮時に発生する収縮応力を大きく低減させることも可能となっている。

日本塗装時報第2050号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」2050号(4月18日発刊)の掲載記事から一部抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」に掲載しています。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

日本塗装時報 最新号掲載記事

PIA チャスキ

これ知っとく展

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る