【19年1~6月期決算】日ペHD 1~6月期は減益に

日ペHD 1~6月期は減益に 為替・M&Aが影響

日本ペイントホールディングス

 日本ペイントホールディングスの2019年1~6月期連結決算(国際会計基準)は、売上高3124億24百万円(同0・3%減)、営業利益419億45百万円(同6・5%減)、税引前利益424億9百万円(同7・2%減)、四半期利益307億44百万円(同8・5%減)。純利益209億39百万円(同12・1%減)。

 営業減益は、中国元の為替レートの影響やM&A関連費用の計上、原材料価格の高騰、物流をはじめとした販管費の増加によるもので、為替などの特殊要因を除いた実質ベースでは約12億円の増益となった。

 日本国内の売上高は901億36百万円(同1・4%増)、営業利益は274億円23百万円(同7・2%減)。自動車用塗料は高意匠・高付加価値塗料の出荷が好調に推移し、売上高は前年同期を上回った。工業用塗料は前年に発生した自然災害からの復旧に伴う需要の増加が継続し増加した。汎用塗料は市況が堅調に推移し、リテール領域での拡販などで増加。

 アジア地域の売上高は1777億7百万円(同0・9%減)、営業利益は256億78百万円(同0・1%増)。自動車用塗料の売上高は中国で減少し前年同期を大きく下回った。汎用塗料は中国の住宅内装用塗料、建築外装用塗料がB2B領域を中心に好調。

 米国の売上高は377億86百万円(同0・1%増)、営業利益は26億85百万円(同8・9%減)。

 通期(2019年1~12月)の予想は、売上高6400億円(同2・0%増)。営業利益770億円(同11・0%減)。税引前利益780億円(同12・4%減)。純利益390億円(同14・0%減)。1株年間配当金45円(据置)。なお、子会社化したトルコのベテック・ボイヤ社の収益は7月から、豪デュラックス社の収益は9月から計上される。

日本塗装時報第2028号掲載記事

関連記事

日本塗装時報 最新号掲載記事


採用された方にQUOカード(1万円 or 5千円)をプレゼント!
(応募期間:2021年3月31日まで)
☆応募サイト☆
https://nurikae-paint.jp/
【主催団体】
(一社)日本塗料工業会/(一社)日本塗装工業会/日本塗料商業組合
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る