アイカ工業 コン剥落防止に新工法

アイカ工業 下地の経過観察が可能 コン剥落防止に新工法

アイカ工業

(上)未施工時のひび割れの見え方
(下)施工後もひび割れの変化を確認できる

 アイカ工業は、道路構造物のコンクリート片剥落を防止する工法「ダイナミックレジン・クリアタフレジンクイック1500」を発売した。透明度の高い特殊樹脂を用いた同工法により、施工後のコンクリート下地の経過観察が可能となる。

 今回発売された「ダイナミックレジン・クリアタフレジンクイック1500」では、透明で高耐候性を有する特殊樹脂により、施工後のひび割れなどの変化を目視で行うことが可能。

 補強用繊維シートを必要とせず、コテでの施工が可能な塗布型工法のため、最短1日で全工程の施工を完了できる。

日本塗装時報第2039号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」の記事から抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」(新聞)を定期購読してお読みください。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事


採用された方にQUOカード(1万円 or 5千円)をプレゼント!
(応募期間:2021年3月31日まで)
☆応募サイト☆
https://nurikae-paint.jp/
【主催団体】
(一社)日本塗料工業会/(一社)日本塗装工業会/日本塗料商業組合
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る