特定技能外国人 内装仕上5企業9人が初認定

建設特定技能外国人の受け入れ 内装仕上5企業9人が初認定

国土交通省

 国土交通省は7月30日、建設分野における在留資格「特定技能」での外国人材受け入れにあたり、建設事業者から提出された「建設特定技能受入計画」について、制度開始後初の認定を実施。内装仕上げを含む5企業9人分の受入計画を認定した。今後、出入国在留管理庁での在留資格の認定や変更許可に係る審査が行われ、通過した者が「1号特定技能外国人」として認められる。

 「建設特定技能受入計画」の認定を受けた企業のうち、内装仕上事業者は2社(東京・千葉)でそれぞれ1人ずつ受け入れを予定。送り出し国はベトナムと中国。月額基本給は、東京の事業者が23万円、千葉の事業者が24万3250円を予定している。なお、平成30年度に実施した外国人受入状況実態把握調査によると、建設分野での2号技能実習生の平均賃金は、月額16万8201円だった。

日本塗装時報第2027号掲載記事2019年8月18日発行)

この記事は「日本塗装時報」の記事から抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」(新聞)を定期購読してお読みください。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

日本塗装時報 最新号掲載記事


採用された方にQUOカード(1万円 or 5千円)をプレゼント!
(応募期間:2021年3月31日まで)
☆応募サイト☆
https://nurikae-paint.jp/
【主催団体】
(一社)日本塗料工業会/(一社)日本塗装工業会/日本塗料商業組合
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る