ニチバン 外壁向けマスキングテープ「255G」

ニチバン 外壁向けマスキングテープ「255G」

ニチバン

建築塗装用マスキングテープ「255G」

 ニチバン(東京都文京区、高津敏明社長)は8月2日、「建築塗装用マスキングテープ」シリーズから、外壁塗装時のマスキング作業に適した「255G」を発売した。
 特長は▽製造時に有機溶剤を不使用▽テープを貼った上から重ね貼りが可能▽袋や容器の仮止めが可能―など。

 基材は和紙、粘着剤はアクリル系。テープ幅は8種類(12、15 、18、20、24、30、40、50㎜)、長さは18m。 販売は全国の塗料販売店、塗装資材店など。

日本塗装時報第2055号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」2055号(2021年8月18日発刊)の掲載記事から一部抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」に掲載しています。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

日本塗装時報 最新号掲載記事

PIA チャスキ

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る