KSKとMTSセミナー 適正な管理運営を

マンション大規模修繕 プロポ+総合評価方式を提案

関西分譲住宅仕上業協同組合/マンション適正管理サポートセンター

KSKとMTSがセミナー開催
会場には180人が参加

プロポーザル+総合評価落札方式 による工事を提案

 関西分譲住宅仕上業協同組合(略称KSK、草刈保廣理事長)と(一社)マンション適正管理サポートセンター(略称MTS、草刈保廣会長)は12月8日、大阪・ニューオーサカホテルで「適正で透明なマンション管理運営と大規模修繕を目指して」をテーマに、管理組合向けのセミナーを開催した。両団体では、不正と無駄を排除するため、管理組合が主体となる「プロポーザル+総合評価落札方式」による工事を提案。セミナーでは徳竹忠義近畿地方整備局建政部住宅整備課長の講演や戎正晴弁護士らによるパネルディスカッションを催した。

日本塗装時報第2031号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」の記事から抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」(新聞)を定期購読してお読みください。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

日本塗装時報 最新号掲載記事


採用された方にQUOカード(1万円 or 5千円)をプレゼント!
(応募期間:2021年3月31日まで)
☆応募サイト☆
https://nurikae-paint.jp/
【主催団体】
(一社)日本塗料工業会/(一社)日本塗装工業会/日本塗料商業組合
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る