鋼構造物の膜厚を測定 テラドローンが実験に成功

鋼構造物の膜厚を測定 テラドローンが実験に成功

テラドローン

UT(超音波探傷検査)ドローン

 産業用ドローンサービスを提供するテラドローン(東京都渋谷区、徳重徹社長)は、UAV(ドローン)を活用したインフラ点検の実用化に向けて、このほど同社グループのテラ・インスペクショニアリング社でUT(超音波探傷検査)ドローンによる膜厚検査を実施し、高精度での測定に成功したことを発表した。

 ミクロン単位までの測定が行えるエルコメーター製のセンサーを搭載したドローンにより、オイルタンク内部の膜厚を計測。欧州の第三者認証機関EEMUAが定める検査水準を満たす精度での検査結果を得た。

 ドローンを活用した測定の場合、ホバリング時に振動によるブレが生じやすくなるが、今回の実験では振動を抑える工夫としてドローンの外側に枠を取り付け、壁面にドローンを押し付けるように飛行している。こうした工夫により安定した計測が行えるという。

テラドローン株式会社 公式ホームページ (※別ウィンドウで開きます)

日本塗装時報第2051号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」2051号(5月18日発刊)の掲載記事から一部抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」でご確認ください。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

日本塗装時報 最新号掲載記事

PIA チャスキ

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る