日本ペイントの光触媒採用水性塗料 新型コロナの不活化を確認

日本ペイントの光触媒採用水性塗料 新型コロナの不活化を確認

日本ペイントホールディングス/日本ペイント

ガーナ大学と共同研究

 日本ペイントホールディングスは10月15日、同社グループの日本ペイントの光触媒採用水性塗料に、新型コロナウイルス(SARS・CoV・2)に対する不活性効果があることを確認した、と発表した。ガーナ大学医学部附属野口記念医学研究所との共同研究により新型コロナウイルスが99%以上減少する効果を認めている。

 実験では、試験片に試験用の可視光応答形光触媒採用水性塗料(A・B)を塗布し、新型コロナウイルスが含まれるウイルス液を接触。蛍光灯を照射し、12時間経過後に新型コロナウイルスの残存率を調べている。

 その結果、試験塗料A・Bともにウイルスが99%以上減少していることを確認。ウイルス減少指数(Reduction of virus)は、塗料Aが4・6、塗料Bが2・2だった。

日本塗装時報第2044号掲載記事

関連記事

日本塗装時報 最新号掲載記事

PIA チャスキ

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る