サンコウ電子 現場でプリントできる膜厚計発売

現場でプリントできる膜厚計 「CTR―2000V」を発売

サンコウ電子研究所 

CTRシリーズの最新機種  使いやすさが向上

 サンコウ電子研究所は、プリンタ内蔵型の多機能電磁式デジタル膜厚計、CTRシリーズの最新機種として、使いやすさ安定性をさらに向上した「CTR―2000V」を発売した。

 日本語キーで簡単に操作でき、18字×5行のバックライト付き大型LCD画面を採用し、より見やすくなった。メモリ機能により、測定・記録作業は1人で可能。メモリ容量は2万点と大きく、1日に数千点もの多点測定を行う橋梁などの膜厚検査でも、メモリ残量を気にせずどんどん測定できる。

 メモリした大量のデータは、本体で統計計算処理し、内蔵プリンタに出力できる。測定値のリスト出力だけでなく、統計計算結果(測定値の合計点数、平均値、最大・最小値、標準偏差)も出力が可能。ペンとメモなしに測定値の記録ができ、省力化、コストダウンに役立つ。

 プローブは、SWTシリーズで採用されている特殊磁極を使用。耐磨耗性が向上し、さらに安定した測定が可能になった。測定データは内蔵のRS―232Cインターフェースにより、パソコンに送信できる。鉄素地の材質・形状・厚みなどによって変化する検量線(素地特性カー)は10種類まで登録が可能。ワンタッチで呼び出せるため、測定のたびに調整する必要がない。

 測定範囲は、ゼロから2000μmで、特に橋梁など長大鉄鋼構造物の防食塗装の測定に効果的。このほか、船舶・鋼管・自動車など鉄鋼構造物の塗装、ライニング、メッキなど非磁気性金属皮膜の膜厚の非破壊測定に幅広く使える。 問い合わせ先は、同社東京営業所(03・3254・5031)ほか各営業所。

日本塗装時報第2034号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」の記事から抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」(新聞)を定期購読してお読みください。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る