日ペHD 早大らとMR流体を共同開発

日ペHD 早大らとMR流体を共同開発 ロボット制御などに応用可能

日本ペイントホールディングス

長期貯蔵可能な定性有するMR流体

 日本ペイントホールディングスは、早稲田大学理工学術院総合研究所、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構と共同で、長期貯蔵でも沈降しない、高い定性を持つ磁気粘弾性流体(MR流体)を開発した。

 同社では、これまで塗料分野で培ってきた、顔料などの微粒子の分散方法や、安定化技術の知見を同技術に活かした。MR流体は、外部から磁力を掛けることで、さまざまな動きを制御することができる流体。車両のブレーキや制震機、ロボットなどの機械制御技術に応用できる。

 具体的には、回転、制動、減速機、水・油圧アクチュエーター、免震ダンパーなどへの応用が検討されており、車両のブレーキなどの制御に使った場合、装置を簡素化できる。

 今後、産業機械向けに最適化させた、新たなMR流体の商品化に向けた開発を進める。

ロボット制御などに応用可

日本塗装時報第2036号掲載記事

関連記事

日本塗装時報 最新号掲載記事


採用された方にQUOカード(1万円 or 5千円)をプレゼント!
(応募期間:2021年3月31日まで)
☆応募サイト☆
https://nurikae-paint.jp/
【主催団体】
(一社)日本塗料工業会/(一社)日本塗装工業会/日本塗料商業組合
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る