【だめひろい】コロナ禍で進むDX 自社の業務に適した導入を

【だめひろい】コロナ禍で進むDX 自社の業務に適した導入を

▼赤羽国交相は年頭所感の中で、今年は特にインフラ分野でDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進すると表明した。国交省が進めるインフラ分野でのDXとは▽映像データを活用した監督検査など建設現場の新たな働き方(遠隔臨場)▽自動施工、点検効率化など現場でのAI活用▽BIM/CIM導入による生産プロセスの変革―が柱である。

 来年度の国交省関係予算でも、インフラ・物流分野でのDX推進には前の年度の4倍以上の241億円(第3次補正予算を含む)が確保された。

日本塗装時報第2047号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」の記事の冒頭を抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」(新聞)を定期購読してお読みください。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

日本塗装時報 最新号掲載記事

PIA チャスキ

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る