水谷ペイント 次世代型光触媒室内塗料を開発

水谷ペイント
次世代型光触媒室内塗料を開発 コロナ対策で今春発売へ

水谷ペイント

 水谷ペイント(大阪市淀川区、水谷成彦社長)は、抗菌・抗ウイルス性に優れ、安全にコロナ対策ができる次世代型光触媒室内塗料を開発、近く発売を予定している。

 同社ではコロナ禍対策のため、「ナノコンポジットW」開発時と同じく京都工芸繊維大学・木村名誉教授の指導の下、大阪産業技術研究所・金沢工業大学と共同で、実用性と安全性を大幅に改善した次世代型光触媒塗料の開発を進めた。

従来の光触媒より光分解力が強力に

 光触媒材を無機バインダーで固め、クラスター(集合体)を形成することにより、粒子径がミクロンサイズまで拡大し、大気中に放出されにくく、また放出されても粒子が大きいため健康被害の心配がない。さらにこのクラスターは従来の光触媒より光分解力がより強力になったという。

 すでに光触媒材料の開発を終了し、室内用塗料への実用化を進めている。

日本塗装時報第2048号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」の記事から抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」(新聞)を定期購読してお読みください。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

日本塗装時報 最新号掲載記事

PIA チャスキ


採用された方にQUOカード(1万円 or 5千円)をプレゼント!
(応募期間:2021年3月31日まで)
☆応募サイト☆
https://nurikae-paint.jp/
【主催団体】
(一社)日本塗料工業会/(一社)日本塗装工業会/日本塗料商業組合
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る