日ペマリン「FASTAR」発売 業界初のナノ技術を採用 

日ペマリン
次世代型加水分解船底防汚塗料「FASTAR」発売

日本ペイントマリン

船底に塗装すると燃費を約8%削減できる

業界初のナノ技術を採用

 日本ペイントマリン(白幡清一郎社長)は、独自のナノテクノロジーを駆使した業界初の親水疎水ナノドメイン構造を採用した加水分解型の船底防汚塗料「FASTAR」を発売した。

 独自開発のナノドメイン技術を業界で初めて採用。ナノ化させた塗膜表層面から、防汚成分を均一かつ効率的に溶出させることで、高い防汚性能を発揮する。
 これにより、防汚剤の溶出量を従来型と比較して最大50%削減。マグロの皮膚をヒントに水の流動抵抗を低減させる独自の「ウォータートラッピング技術」を採用することで船舶の燃料消費量を約8%低減する。

日本塗装時報第2048号掲載記事

この記事は「日本塗装時報」の記事から抜粋したものです。全文は「日本塗装時報」(新聞)を定期購読してお読みください。(年間購読の申し込みは→年間購読のご案内

関連記事

日本塗装時報 最新号掲載記事

PIA チャスキ


採用された方にQUOカード(1万円 or 5千円)をプレゼント!
(応募期間:2021年3月31日まで)
☆応募サイト☆
https://nurikae-paint.jp/
【主催団体】
(一社)日本塗料工業会/(一社)日本塗装工業会/日本塗料商業組合
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◇◇◇(株)日本塗装時報社◇◇◇
設立:昭和24年2月
本社:〒532-0011
大阪市淀川区西中島4-7-2-802
電話06-6305-5300
FAX06-6305-5303
関連会社:有限会社サイバーアーツ

※当ページのイメージ画像は
「写真AC」を利用しております。(→写真AC

ページ上部へ戻る